ホワイトヴェールに副作用?飲む前に知っておくべきリスク

ネット通販で購入できる人気の飲む日焼け止め、ホワイトヴェールですが、飲む前に注意したいポイントがいくつかあります。安全・安心して飲むためにも、以下の点をしっかりと確認するようにしましょう。

リニューアル後のホワイトヴェールはアレルギーの心配なし

従来のホワイトヴェールは、カニ・エビ由来の成分が使用されていました。そのためカニやエビのアレルギーを持った人は使用することができず、改善してほしいという声が多く寄せられていました。そこで最近、新たに成分を変えてリニューアルされることとなったのです。アレルギー物質であったカニ・エビを完全に取り除き、新たにローズポリフェノールとアンティチョークエキスを加えました。それにより、甲殻類にアレルギーがあった人でも副作用を心配せずに安心して飲めるようになったのです。このことから、今現在販売されているリニューアル後の商品であれば、アレルギーの心配はないといえるでしょう。

出産前後の人は飲んではいけない

このことは公式サイトにも記載されていますが、出産前後の人は飲むことができません。理由は、配合成分の一つであるローズマリー葉にあります。ローズマリー葉には子宮を刺激させる作用があるため、ホルモンバランスが乱れており、体調が通常とは異なっている出産前後の体にはふさわしくありません。もちろん体が繊細なこの時期には、他のサプリであってもむやみに摂取をしないほうが良い時期です。飲み始めるのは、出産後の授乳期間を終え、ホルモンバランスが安定した時期が望ましいでしょう。

小学生未満の小さなお子様は飲むことを控えた方が安心

ホワイトヴェールは、購入時についてくる冊子の中で、小学生未満の小さなお子様は摂取を控えるようとの記載があります。これはなぜかというと、決して飲むことで悪い症状が起こるからという理由ではありません。小学生未満のお子様の場合、飲み込む力が弱く錠剤を上手に飲み込めないことがあります。そのため、万が一のどに詰まらせては大変なので飲むことを控えるようにと記載しているとのことです。確かに、錠剤を問題なく飲める大人であれば心配はいりませんが、小さなお子様であれば錠剤が苦手という子も多くいます。万が一のリスクを考えて控えることは大切なことと言えます。

以上が、ホワイトヴェールを飲む前に知っておくべきリスクとその詳細です。商品自体は99.9%が植物由来の成分でできており、毎日でも安心して飲むことができます。ただ植物由来の成分であっても、出産前後の女性は控えた方が安心であるため、当てはまる方は一時的に飲むことを止めるようにしましょう。

飲む日焼け止めとはどんなもの?

飲む日焼け止めというのは、実は海外で誕生したサプリメントです。

今でも海外製のヘリオケアを愛用している日本人は多いですが、中には国産のものの方が安心できるという声も多く寄せられていました。そのような中、2016年に日本でも製造が許可され、国産の飲む日焼け止めが作られるようになったのです。そしてその内の一つが、ホワイトヴェールです。ネット上の評判も高く、1日2回飲むだけで手軽に日々のUV対策を行うことができます。国産であるという安心感に加え、その手軽さと便利さから、新たに購入してみたいと思う人も多いのではないでしょうか。

ちなみに、新たにホワイトヴェールを試してみたい方には、公式サイトで購入することをおすすめします。なぜなら、最安値で買うことができるからです。公式サイトではお得なキャンペーンを常に開催しており、定期便である「続けてキレイ便」に申し込むことで初回を980円で届けてもらうことができます。定価の価格が7560円であることを考えると、かなりお得であることが分かります。加えて、2回目以降もずっと割引が適用され、4980円で購入することができます。この価格は他の通販サイトでは実現できない価格であり、公式サイトのみの特典です。更には、公式サイトから注文した場合に限り、90日間の返金保証制度が付いてきます。この制度は、商品が万が一体に合わなかった場合に、購入後90日以内であれば支払った代金を全額返金してくれるという制度です。そのため、初めての方でも安心して注文することができるでしょう。

また定期便と聞くと、継続回数に縛りがあり、解約したくてもすぐにはできないイメージを持つ人もいることでしょう。しかし、その心配は必要ありません。1回の購入であっても、それ以降いつでも解約もしくは休止することができます。仮にすぐに解約を申し出たからと言って、解約させてもらえなかったり、強い引き留めに合うようなこともありません。次回のお届け日よりも10日前に解約したい旨を申し出るだけで、以降のお届けを止めてもらうことができます。自分の好きなペースで、自由に好きなだけ続けることができる点も、この商品の人気の高さの秘訣と言えるでしょう。